お知らせ 【技術コミュニティ運営者の皆さま】成長し続けるエンジニアを支援する「Forkwell」と「connpass」が連携し、connpass上でイベントを開催する技術コミュニティを2020年3月末まで支援いたします。詳しくはこちら by Forkwell

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月

19

コード駆動設計でスマートに設計・実装する ハンズオン

Registration info

参加枠1

Free

FCFS
7/15

Description

概要

今回は「エンジニアなら日本語で設計書を書くよりソースコードを書いた方が速く正確に設計できる」説を確かめてみようと思います。

この説はシステム開発の現場では誰しも一度ならず何度も感じていることではないでしょうか。

一方で、ドメイン駆動設計や他の一般的な設計指針に従ってソースコードを書くと複数のクラスに処理を分割して割り当てることになり、処理全体の見通しは悪くなってしまいます。

SI-Toolkit Code Visualizerを使うと、ソースコードを実装しながらリアルタイムにシーケンス図、クラス図を生成・参照できるので、見通しを損なうこと無く実装を進められます。

ハンズオンではドメイン駆動設計、Code Visualizerを使ったコード駆動設計を実践します。

綺麗なソースコードを書けるようになりたい方、説を確かめたい方はぜひ参加してみてください。

このイベントはDoorkeeperでも募集しています。

https://sitoolkit.doorkeeper.jp/events/98234

タイムテーブル

時間 内容
14:15 開場
14:30 - 14:44 イントロダクション
14:45 - 16:45 ハンズオン
16:45 閉場

前提知識・経験

  • JavaのWebアプリケーションの開発経験
  • UML(シーケンス図、クラス図)が読めること

持ち物

当日はノートPC(OSはWindows、macOSどちらでも可)を持参してください。

事前準備

持参するノートPCに以下のソフトウェアをインストールしておいてください。

資料等

https://www.sitoolkit.io/workshop/cdd/cdd.html#/

Media View all Media

If you add event media, up to 3 items will be shown here.

Feed

Yuichi Kuwahara

Yuichi Kuwahara published コード駆動設計でスマートに設計・実装する ハンズオン.

09/28/2019 11:37

コード駆動設計でスマートに設計・実装する ハンズオン を公開しました!

Ended

2019/10/19(Sat)

14:15
16:45

開催日時が重複しているイベントに申し込んでいる場合、このイベントには申し込むことができません

Registration Period
2019/09/28(Sat) 11:37 〜
2019/10/19(Sat) 16:45

Location

西新宿大京ビル貸会議室 S202

東京都新宿区西新宿7丁目21-3西新宿大京ビル2階

Attendees(7)

tom_myz

tom_myz

コード駆動設計でスマートに設計・実装する ハンズオン に参加を申し込みました!

髙田悠

髙田悠

コード駆動設計でスマートに設計・実装する ハンズオン に参加を申し込みました!

Takuya Kumakura

Takuya Kumakura

コード駆動設計でスマートに設計・実装する ハンズオン に参加を申し込みました!

kakeru_mono

kakeru_mono

コード駆動設計でスマートに設計・実装する ハンズオンに参加を申し込みました!

NobuyaSuzuki

NobuyaSuzuki

コード駆動設計でスマートに設計・実装する ハンズオンに参加を申し込みました!

fujiftb

fujiftb

コード駆動設計でスマートに設計・実装する ハンズオンに参加を申し込みました!

Attendees (7)

Canceled (3)